So-net無料ブログ作成
検索選択

2008-9-20「コンサート行ってきましたよ!」 [moira]

16日に書いた、サンホラのコンサートに行ってきました。

その16日の日記の題名が、ファンにしかわからない小ねたであったことに今更気がつき、とっても恥ずかしくなってます(苦笑)

えー…一応解説しますと…
前作のアルバムタイトルが「Roman」だった、ということは書きました。
その中のトラック1「朝と夜の物語」にあった歌詞に「僕たちがつながる物語(ロマン)」と部分がありまして…。

で、今回のアルバムタイトルが「Moira(ミラ)」、運命とか定めとか、そんな意味です。

その二つを合わせて「僕たちがつながる運命【Moira】」とパロディにしてみたのです。



…よもや、17日コンサートのアンコールが「朝と夜の物語」Moiraバージョンで、しかも、16日の日記の題名どおりに歌われるとは思いもしておりませんでした…。
ある意味、私、預言者?(笑)
(ファンならたいがい思いつくことですよ)



サンホラの曲はメッセージ性というよりも、物語性が強い曲です。
だから、ミュージカルっぽい作りのコンサート…いや、舞台?…でした。
楽しかったなあ…。
現実に戻るのがとってももったいなかった、とか言うとヤバい人っぽいですか?
今回のコンサート、早くDVDなってくれないかな(笑)


今回、ちょっとショックだったのが…
サンホラコンサートは、アンコールの拍手の代わりに、そのコンサートで主要の曲のサビのワンフレーズを観客が歌うのですが…
高音、声が出ない…。
音が上がりきらず、半音近くピッチがずれてました、がっくりしょぼんぬ。
大学時代、合唱でトップソプラノパートだったのに…(密かな矜持だったらしい、と自分で今気付きました)
歌わなくなって10年以上過ぎたしなあ…。
そりゃぁ、声帯も腹筋も衰えてるよなあ…。

そんなことを思いつつも、やっぱり楽しかったのですよ。


ぜひとも、また行きたい!と久々に思えたコンサート。
一緒に行ってくれたF様に大感謝。
ひそかに出だしの冥王のトークのすべり具合が気に入ってしまった茶ヤマなのでした…。

2008-9-16「僕たちがつながる運命(ミラ)」 [moira]

サウンドホライズンの新しいアルバムを今月はじめに買って…
・・・・・・
先日14日、やっと聞きました。

元来、サウンドホライズンを見つけ、はまったのは師匠が先で。
師匠が繰り返し聞いていたから、一緒にいる私も、自然に刷り込み作用になった感じなんですよね。

だから、師匠よりも先に私が聞いちゃいかんだろう、と思っていたわけです。

師匠、なかなかCD聞くような時間がなかったようでして…。
で、先日、やっとCDでも聞くかあ、となったのです。


今回は前作のCDで繰り返し「ロマン(物語)」言っておりましたが。
今回は「ミラ(運命)」でした。

で。
私としては、「ロマン」よりも話がわかりやすいと思ったのですが…


ネット回ってみたら、難解!しかもイマイチ…?みたいな声がチラホラ…。
ええ?だって、ロマンは物語がシャッフルされていたし、だれがどのように成長しているのかも入り組んでいたのに対して、今回のは、順序だてて話が進行してたじゃない?
名前が若干途中で違っていることとか、ロシア語(間違えた、ギリシャ語だ)がたまに使われてることくらいで…。
わかりやすいよ?違うの???
…自分の感性と読解力に疑問がわいてきた今日この頃…。

…あ、よく考えたら、Romanの歌詞カードって、あまり熟読していなかったかも…。
そりゃぁ、Romanがわけわからない状態にもなるか(苦笑)

明日、このサンホラのコンサートに参加してまいります。
不安だのお。





今回の歌詞にないツボ台詞
トラック2・「人生は入れ子人形(マトリョーシカ)」の

「嗚呼……穴があったらぁ………掘りたいっ!!」

「ハラショー!ハラショー! 張り切ってまいりましょう!
さぁ腕を組みながら足の筋を伸ばす運動!」

「ハラショー!ハラショー!ボルシチには黒コショー!
さぁ、2番はますます涙ちょちょぎれンスキー!!!」

う、胡散臭ええええ!(笑)
もちろん、ほめ言葉として(笑)

トラック15・「神話の終焉(タナトス)」の
「ミラよ……コレガ、アナタノ望ンダ世界ナノカ!!」

それが、運命とか神とか言われるものなのだと・・・。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。