So-net無料ブログ作成
検索選択

ROYCE' presents 石垣島・美ら海ライブ [其の他のアーティストの感想など]

ROYCE' という、北海道で有名な生チョコレート屋さん。
…生チョコだけじゃなく、パンとかも売っているけれど…

そこで、5月~6月半ばにかけ、3,000円以上買い物をした人に、抽選で「ROYCE’presents 石垣島・美ら海ライブ」のチケットが当たるという。
やってくるのは、やなわらばー、と、BEGIN。

それに、見事、当選いたしまして。

7月15日、道新ホールで行われたライブに行って参りました!
席は、6列目で、左の端っこという、前なのは嬉しいけれど…という、席。
でも、ステージ、そんなに広くなかったので、そんな席でも十分でした。

やなわらばーは、かれこれ7年程前に、仙台の一番町で歌っていたのを、うちの夫クンが聴きまして、その声に惚れ込み、速攻で私の携帯に「今、CDショップの側にいるなら、やなわらばーのCDを買え!」とメールをよこしたという思い出があります。

私は、CDでしか、彼女らの歌声を知らなかったのですが、CDで聞いても、きれいな声だなあ、と聴き惚れるほどでした。

だから、とってもワクワクしていたんですよね、生のやなわらばーの歌声。

…BEGINさんは…ごめんなさい、島人ぬ宝、しか知りませんでしたm(__)m
でも、有名な方々だし!
彼らの演奏も楽しみだったんですよ。

で。
開演ギリギリに入り込み。
ほんのちょっと待っただけで、ライトが暗くなり、おおー、いよいよ始まるか!
と思ったら、司会進行役のアナウンサーのお姉さんの登場でした^_^;

アナウンサーさんの挨拶が終わると、今度こそ!と思ったら、石垣島の市長さん登場!
これには、結構、ビックリした(笑)
「島においでの際は、是非とも市長室にお寄りください。お茶でも出しますので」とか、気さくに言っちゃう、楽しい人。

さて、やっと、やなわらばーの二人の登場です。

二人でサンシンとギターのチューニングをして、おもむろに歌いだしたのは
・変わらぬ「青」

これ!!!
この曲!!!
すんごい好きなの!
夫クンも、仙台で、これ聴いて、私にメールよこしたくらいの、曲。
もう、一曲目から、感無量(´ ▽`).。o♪♪

石垣島・美ら海ライブって言うから、知り合いが皆、石垣島でのライブだと思ったらしい、という事を言う。
「自分らにとって、神様みたいなBEGINの、兄ぃたちと、同じステージに立てるだけで、それだけで嬉しい!」というようなことも言っていた。

あ、その感覚、わかる。
一緒に歌わないんだけど、同じステージを踏む嬉しさは、さださんのコンサートで体験したなあ、とちょっと、思い出したりしてた。

続いての曲は
・いちごいちえ

一期一会ではなく、あえて平仮名表記の曲目。
東京に出てきた時、寂しくなった時、この曲を作った、みたいな事を言ってたような…気のせいだったかな。

ここで、ちょっとだけ、MC。
石垣島にあるROYCEのCMで、歌って、出演もした、という話をしました。
「麦畑の中で、チョコをかじって、ね」
と東里さんが言うと、お客さんたちが、ちょこっと笑う。
すると、石垣さんが
「ここ、笑うとこですか? なんで笑いますか?」
と、真顔で尋ねてきて、それがまた、可愛くて笑ってしまう。
多分、みんな、東里さんが麦畑の中でチョコをかじってる姿を想像して、可愛いなあ、って思って笑ったんだと思うよ。
って言えば良かったな。

次の曲は、カバー曲で、中島みゆきさんの
・糸

この曲も、中島みゆきさんの曲の中でも、かなり好きな曲なんですよ、私。
こぶしのきいた中島さんの歌い方も良いけれど。
二人の、たゆとう波のような歌い方も好き(*´∀`*)

続いて
・ゆくい

仕事で疲れた人も、勉強頑張った人も、力を抜いて、ゆっくりしてくださいね、という前振りがあった気がした。
多分、これは記憶違いじゃないはず…。

そして、ラストは新曲。
なので、題名がわからない( ̄◇ ̄;)

でも、8月にベスト版「結」を出すので、それに入ってます、みたいな事は言ってた。
拍手の強要があった(笑)
…公式サイト見てきたけど、多分「・夢を見た」という曲だと思う。

で、ここで、やなわらばーは一旦下がり。
ステージ上に、たくさんの楽器が並ぶ。
…やなわらばーは、サンシンとギター、ハーモニカだけでの演奏だから^^;

で、ステージを作ってる間に、無音じゃ寂しかろう、と思ったのでしょう、「島唄よ風にのり、鳥と共に~」のメロディーが流れる。
…何ゆえ、その選曲^^;

で、BEGIN登場。

会場、大盛り上がり。

最初の曲は
・イラヨイ月夜浜

…曲名間違えていたら、コメント欄にでも、書いて教えてください…

歌い終えて、ボーカルの比嘉さんが
「いやー、北海道だよー。…昨日、着いて、まずぞうりから靴に履き替えたよー。北海道の夏って、いつから、いつまで?」
みたいな事を聞く。
私の近くにいた人が
「お盆まで、お盆過ぎたら寒くなる」
みたいな事を答えてた。
比嘉さん
「いいなー、分けたげたい!やなわらばーに、この脂肪分けたいのと同じくらい、分けたげたい!こっちは、ずーーっと暑い!」
みたいなやりとりがあった。

「北海道にあこがれててさー」
みたいな話もしていた。
松山千春さんの♪果てしないー、って歌いだし、良いよねー、果てしないってどんなだろー。
石垣島、まっすぐな道無いからさー。
まっすぐ行ったら、海に行っちゃうもん。
みたいな事も言ってた。

あと、夏に役場の駐車場(だったかな?)で、北海道から贈られた流氷が見られる、ということで喜んで行ったら、すんごく小さな氷で。
しかも、チラっと見たら、はい動いてー、って押し出されるように、流された。
でも、舐めてみたいから、手で流氷触ってベロンって舐めたら、しかられた、とかも言ってた(笑)


次の曲は
・パナバ帽をかぶって

移民の人たちは、アダンの葉っぱで作ったパナバ帽を見ると、ふと何かに思いをはせる…
みたいな事を言っていたけれど、赤ん坊が、ぐずった声を出したので
「うん、ま、どうでもいいか、こんな話ー♪」
と笑っていた。

・竹富島で会いましょう

ここいらで、曲の盛り上がりと共に立ち上がる客席。
うちらは知らない曲だったこともあり、あと、師匠の足元には大きな荷物もあり、立ち上がるのが困難と見たので、座って手拍子でリズムを刻むことに徹する。

比嘉さん曰く
「まあ、皆、座ろうじゃないか。立ち上がってノリノリなのも良いけど。
座って聞く日があっても良いんじゃないかって思った。
っていうか、皆が立ち上がると、島が隆起したみたくなってね。
それに、“なんで前の人たつん?”って言う人もいるだろ?
あ、でも、自然に踊り出しちゃったりする分には、一向に構わないから!」
やなわらばー、と違ってお客さんとのやり取りが上手いなー。
さすが、ベテランさんだー。
と、妙なところで感心する私。

・オジー自慢のオリエンビール
(あれ?オリオンビール?どっち?)

前奏が始まったとたん、皆立ち上がる。
踊り出す。
斜め前のお嬢さんは、ちゃんとオリオンビールの缶も持って来てた!
すごい!
そのお嬢さんが持ってた、手作りうちわ、「お誕生日、おめでとう!」って書いてて、今日、比嘉さんの誕生日というのを知る。

続いて
・オバー自慢の爆弾鍋

前の曲から続いて、皆、立ち通しで踊る踊る。
うん、確かに、すごいノリの良い曲だった。

で、やっと私の知ってる唯一の曲(苦笑)^^;
・島人ぬ宝

前奏で、皆、また立ち上がってたけど、比嘉さんが、一旦、演奏止めて
「みんな、まず、落着け!
この曲は、そんなにノリで踊る曲じゃない!
もっとスローテンポだ!
座ろうじゃないか!」
という言葉に、笑いながら皆座る。

合いの手、皆入れられるんだね。
すげーや…。

この曲が終わった時、客席から
「カリホーイ!」
という掛け声が上がる。

ここで、比嘉さんが、この掛け声の由来を教えてくれる。
“かりゆし”のカリーを使おうと思っていたら、北海道出身の大泉クンが、カリースープを有名にしてくれたので、そうか、北海道ではカリーと言ったらカリースープかー、と思って…
というところで、ギターの人から
「スープカレーだよ」
とツッコミが入る。
「え?…ああ!スープカレーだった!!」
で、比嘉さんがぽろっと「同じ処で仕事してるから」みたいな事を言ったので、大泉洋ちゃんと、BEGINは同じ事務局であることが判明。

カリホーイの説明に戻る。
カリだけでは、何か物足りないから、ヤッホーのホーを付け足してみた。
で。
これらの語尾に座りがいい「イ」をくっつけて、「カリホーイ!」という掛け声ができあがったのだそうな。

沖縄や石垣島行って、お財布落とした、どうしよう…って時に
「カリホーイ!」
って叫ぶと
“ああ、BEGINの知り合いかー”ってことで、何とかしてくれるらしい(笑)

あと、ここでだったか、もうちょっと前のMCだったかで、斜め前のお嬢さんが持っていた「お誕生日おめでとう」ウチワを高々と掲げ、BEGINたちの目に止まる。
「ああ、ありがとねー。
 でも、うち、祝う側なのね、祝われると、何かテンション下がるって言うか…」
と口ごもる比嘉さんを、追い詰めるかのように、ギターと電子ピアノの人が、♪HAPPY Birthday を演奏し始める。
そして、歌いだす客席。
比嘉さん、オロオロ(笑)
で、演奏終わった時、ギターの人に
「ホント、やめて」
と頼んでいた(笑)

次の曲は新曲だったので…まったくわかりません(滝汗)

しんみりと、その曲を聴いて、皆さんが退場。
そして間髪入れずに始まる、アンコール手拍子。

アンコールは、BEGINと、やなわらばーの、二組合同での唄。

・パーマ屋ゆんた

この曲は、やなわらばーに歌ってもらいたいな、と思っていたらしい。
しかも、東里さんのご実家が、パーマ屋というめぐり合わせ。
何かの縁だねー、みたいな事言ってた気がする。

そして、本当にラストの曲。
・「背景○○さん」


おおおーーー、この曲をラストに持ってきたかー。

8月に出す、やなわらばーのベスト版で、BEGINとコラボしているから、そのバージョンで今日演奏できるねー、と比嘉さんが助け舟を出す。
…やなわらばーの二人は、そういう宣伝が、若干、苦手なのか、あんまり強く言わないのだ^^;

ラストの部分での合いの手?かな?を皆で合唱。
で、演奏終わろうとした時、比嘉さんが、“もう少し演奏しちゃれ!”みたいなジェスチャーをして、同じフレーズを繰り返す。
やなわらばーの二人も、ちょっと驚いたような感じで、でも、楽しそうに、同じフレーズを歌う。
いいなー、こういう雰囲気。

で、曲も終わり、帰ろうか。
と思ったら。

やなわらばーのベスト版を予約すると、今、握手会に参加できる、という。
CD買ったら、サインももらえるという。

…正直困った。

ベスト版はともかく。
そこに並べられているやなわらばーのCDは、最近、購入したものばかりだったのだ…。

悩んだ末、カバーアルバムを買い、ベスト版を予約して、サイン&握手をしてもらう(^◇^)

師匠が、7年くらい前に仙台の一番町で歌ってるのを聞いて、速CD買ったことを言う。
私は、私でハイテンションになって
「お二人の声、高くて、澄んでて、羨ましいです!」
とか言っちゃう。

CD買うと、オマケで塩チョコがもらえる。

其のうえ、返り際には、ROYCEのチョコケーキ4つ入りを、全員にプレゼント、という太っ腹。

サインもらって、握手もしてもらって、ケーキもチョコももらえて、ホクホクとして帰ってきたのでした。


「Elysion ~楽園パレードへようこそ~」アンコール・プレス・ヴァージョンについて [Sound Horizon]

SH公式サイトにて『Elysion ~楽園パレードへようこそ~アンコール・プレス・ヴァージョン』についてのお知らせが出ています。
再販について「Revo、ラップ・プロダクツの本意ではない」とのこと。
詳細はサイトへ
http://www.soundhorizon.com/information/index.html

以下、本文。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

在キングレコードオフィシャルサイト等にて掲載されております、
「Elysion ~楽園パレードへようこそ~」初回限定盤DVDが、2012年7月25日にアンコール・プレス・ヴァージョンとして
再販売されることにつきまして、Revo及び、株式会社ラップ・プロダクツの本意ではないことを皆様にお知らせいたします。

私達は、再販売されるということを2012年4月13日キングレコードオフィシャルサイトとSound Horizon’s Archivesという特設サイトの告知で知りました。

この商品を発売するに当たって、Revo及び弊社に事前連絡・確認が無かったため、ベルウッド・レコード及びキングレコードに対し、
今回初回限定盤が再販売されると、2006年発売当時「初回限定盤」ということで商品をご購入されたファンの皆様を裏切ることになり、
Revoの意図にも反するため販売を停止してほしいとの要請をさせていただきました。

その結果、販売停止の要請にはお応えいただくことがないまま、Sound Horizon’s ArchivesにてDVD特典として告知をしていた
「少女達の肖像写真集」の封入中止のお知らせが告知されました。

今回のようなリリースは決して喜ばしいことではありません。しかし、過去の作品はレコード会社との契約上、
アーティストや事務所の意図しない商品となり、世に出ていくことが今後もあるかもしれません。
ファンの皆様には、Sound Horizonの音楽を楽しんでいただきたい反面、過去の作品が再度世の中に出て行く際には
お客様ご自身の目で見定めていただけますと幸いです。

これからもRevoを、Sound Horizonを、温かく見守っていただけますよう宜しくお願い致します。


2012年7月13日
Revo 
株式会社ラップ・プロダクツ

-------------------------------------------------------------------------------------------------

このブログでも
http://sinamon07.blog.so-net.ne.jp/2012-04-13
で、記事に書いた事あったけど。

そういえば、宮内庁では、何も書いていなかったな、と、今更、思ったりしてます。

「少女達の肖像写真集」が付かないんだったら、買う意味、なくなるかなあ…。

ってか、あれってキングレコードが勝手にやってたことだったのね。

んー、何か釈然としないなあ。


宮内庁も、もっと早い段階で「自分たちは関知していない、今、発売中止を求めている」って知らせて欲しかったなあ…わがままな話なんだろうけれど。


特典って… [Linked Horizon]

今日、近所のTUTAYAで、「ルクセンダルク小紀行」を予約したら、店舗購入特典が付くかを聞きに行った。

レジのお姉さんが、一生懸命調べてくれた結果…



「初回盤、通常盤、BRAVELY DEFAULT盤、全てに、それぞれ違う絵柄のブックマーカーが付くようなのですが…」

「え…?……特典も、3種類って事、ですか…?」

「はい」



…え?
一店舗につき、一種類、じゃないの?
それぞれ3枚に、違う絵の特典が付くの?



オーマイガッ!!!
なんてこったい!!!!!



私は搾り出すように答えた。

「…3枚とも、予約、します…」



陛下…
一店舗で、一種類にしてください…
3枚それぞれが違うなんて、鬼すぎます…



今更ですが、各店舗の購入特典 [Linked Horizon]

Linked Horizon「ルクセンダルク小紀行」(初回盤 or 通常盤 or BRAVERY DEFAULT盤)を、予約購入した時の、先着特典は下記の通り。

●アニメイト:Linked Horizonオリジナルミニクリアファイル(A5)

TOWER RECORDS:Linked Horizonオリジナル缶バッチ

●HMV:Linked Horizonオリジナルポストカード

TSUTAYA RECORDS:Linked Horizonオリジナルブックマーカー

●一般店(上記以外の全国CDショップ):Linked Horizonオリジナルロゴステッカー



特典の画像は、まだわからないんだよね…。
今回も、Chronologyのように、Amazonで買っても、一般店の特典付くのかなあ?

ルクセンダルク小紀行の収録曲が、限定版、通常版、BRAVERY DEFAULT盤で、微妙に違っているのは、3枚とも買え、という事ですね、陛下。
別々の店で、一枚ずつ買えば、3つの特典、入手できますものね…ふ…ふふふ…
予備のために、と二枚ずつ買えば、特典、全部、手に入れられる可能性が高いですものね…。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。